効率的に作業するなら準備が肝心

計画を立てていないと効率的に引っ越し作業をするのは難しいです。引っ越し作業には大切な手続きや準備があるので、しっかり計画をしていないと作業途中で忘れてしまう可能性もあるからです。早めに取り掛かれば、心にもゆとりが生まれ、スムーズに計画通り進められるでしょう。

引っ越しが決まってすぐにやるべきこと

まずはスケジュールを組んでおく

引っ越しは長い期間がかかるため、予めスケジュールを決めておかなければ後で忙しくなってしまいます。焦って引っ越しをしないためにも、しっかり計画をして引っ越し作業を1つ1つこなしていくようにしましょう。

業者に任せるなら事前に依頼

全ての作業を自分1人で行なうとなると時間がかかるとともに、準備が延長してしまうことがあります。お金に余裕があるならできるだけ引っ越し業者に作業の依頼をするようにしましょう。

住宅退去の申告

引っ越しをすることが決まったら、早急に大家へ退去することを申告しておきましょう。一ヶ月前には申告をしないと必要な手続きが簡単に完了できなくなることもあります。また残りの家賃についても話しをしておくようにしてください。

周りの人に引っ越しすることを伝える

引っ越しの準備をしながら、新居先を教えたい人がいればなるべく早めに報告をしておくようにしてください。またハガキなど引っ越しの挨拶状を送る準備もしておくようにしましょう。

梱包の準備をしておく

引っ越し業者に依頼をすれば梱包用のダンボールを送ってくれることもありますが、自分自身で引っ越し作業をするとなると荷物用のダンボールを揃えなければなりません。早めに必要な分のダンボールを揃えておきましょう。

スケジュールを組もう

ウーマン

荷造りの時間

引っ越し作業の中でもかなりの時間を要するのは荷造りです。荷造りをした後の運ぶ作業は自分で行なうこともできますが、業者に依頼をして運んでもらうこともできます。前持って準備をしておくと、ゆとりを持った引っ越しができます。

一ヶ月以内で準備をする人が多い

荷物が少ない人なら一週間あればすぐに荷造りをすることはできますが、逆に荷物が多いとかなりの期間を要するため余裕を持って一ヶ月前ほどから準備を始めましょう。実際、就職による引っ越しなどをする人は一ヶ月前から荷造りを始める人が多いとされています。

不用品は処分しておく

荷造りをするときには、新居で特に必要ないものも出てきます。そのときは思い切って断捨離をするようにしましょう。荷物を減らすことができるだけではなく、不用品をそのまま放置することがなくなるのでこのチャンスを有効活用してみてください。

広告募集中